新着記事
*2週間の夏休みから無事帰ってきました
がぁ、毎日バイマで忙しくモールめぐり.....
旅行記事は書くのに時間がかかるので、おいおい。

(08/18)裾上げ
(07/06)7月4日独立記念日の花火
(06/27)【おもしろい食べ物】ドーナツピーチ
(04/18)色バトン
(04/06)WHOLESALE FLOWER MARKET

2005年11月18日

【いけばな】小原流を習い始める

2日間も更新をおさぼりしちゃいました、すみませんもうやだ〜(悲しい顔)
今週は珍しくとても忙しかったのです......。

私、れいらは、いけばなを習い始めましたわーい(嬉しい顔)

事の発端は、チューターのエディス宅に行った時のこと。

ご自慢の暖炉のあるリビングのテーブルに「いけばな・花と調和」という本が置いてあったのです。まさかEdithがいけばなを習っているとは思いませんでした。「私も日本にいた時、半年だけだけどいけばな習っていたんだよ」というところから話は展開し、週一回お花代$6でいけばなを教えてくれるクラスが有ることを教えてくれました。

実は、日本にいた時習っていたのは、「池坊」。エディスが通っているのは「小原流」だったのですが、折角の機会なのでエディスと同じクラスをとることにしました。

先生です場所は、うちから車で15分ほどのNorth Clairemont Recreational Center

先生は、小原流サンディエゴ支部のPresidentであるAkiko Bourlandさん。英語で本日の題材やいけ方の説明があってから自分達でいけ始めます。

そして、いけ終わった人から先生にチェックをしてもらうというシステム。

私が取っているクラスは朝9時半から始まり12時半までですが、先生のチェックが終わった人から帰れるので、12時半まで目一杯いるかどうかは本人次第です。

マジック前マジック後池坊を習ったといっても高々半年。

それぞれのスタイルの違いについて語れるほどではないですが、池坊は無駄を極力そぎ落とした中に美しさを見出すタイプで、小原流は自然に近い形を取りながら美しさを表現するように感じました。

池坊習っていた時に、どうにも余分な葉っぱをそぎ落とせない性質だった私としては、小原流のほうがなじみやすいかな?

上の写真は、左側が私がいけたオリジナル。右側がAkiko's Magic Handにかかった完成品。やっぱり、先生の方がきれい〜。(恥ずかしいですが、クリックして拡大可能)


ところで、クラスの半分はアメリカ人。その中の一人が日本からの交換留学生を3人ほどホームステイしていたとの事で、色々お話しました。こういう習い事を通しても英語の勉強になるとは、まさに一石二鳥。
これは、長く続けられそうな予感です♪



posted by れいら at 12:11| Comment(3) | TrackBack(0) | サンディエゴ習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントを差し上げます。

私は東京で小原流を勉強しています。
サンディエゴにも小原流がある、というので、楽しみに拝見させていただきました。
ありがとうございます。

とても楽しいブログですね。
もしよろしかったら私のブログにも遊びにいらしてください。
Posted by 中尾祥苑 at 2006年01月16日 16:35
初めまして!
ブログ拝見しました。自由が丘のHPもです。すごくお花の写真が綺麗ですね〜〜、うっとり(笑)教室をもたれるほどお上手な中尾さんの足元にも及ばないほど、よちよち歩きの私ですが、こっちの清貧生活の中で、お花があるとちょっと豊かな気持ちになれるので、毎週教室に通っております。
また、いけばなの事についても書きたいと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by れいら at 2006年01月17日 17:42
れいらさん 初めましてm(__)m
川崎支部所属のeisuiと申します。

ユ-カリと薔薇のたてるかたち素敵です(^^♪
小原流は英語の教科書も充実しているので
海外で御稽古している方が多いです。
インドの方と御一緒に御稽古した事もあります♪

私も、最初は草月流を習いましたが自然の
花木の姿を大切にするところが好きで
小原流にしました。

ブログで東京支部の華展をご紹介しています。
宜しければ 皆様で御覧くださいませ。
Posted by eisui at 2010年10月15日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。